top of page
  • kubota57

【サマクル 2023】月での暮らしを調査し、宇宙をテーマにしたアート作品を作ろう!

8月21日(月)&22日(火)は宇宙をテーマに開催しました:)

宇宙について理解を深め、その知識をアートで表現することを目標に行いました。


まず1日目は、日本科学未来館にて開催されている「NEO 月で暮らす展」をみんなで訪問!

いつも通り探検シートを手に、班ごとに分かれてみんなで見学しました:)


ロケットに乗り込んで、いざ月へ出発!



月面基地ゾーンはお店や食堂もあって、私たちが住む街にとてもよく似ていました。


ただお店で売っているものが月での生活に必要な、珍しいものばかりだったり、



重力が弱いため、料理中のチャーハンがすごい高さまで飛んでいたり、



地球とは違う環境にみんな驚いていました!


また体験型の展示も豊富で、隕石集めゲームや



レゴリスの中から水資源を見つけるゲームなど



みんな夢中になって楽しんでいました:)


閉館ギリギリまで満喫し、お土産を購入して急いで教室に戻りました。

予定よりも10分も遅くなり、保護者の皆様には大変ご迷惑をおかけしました。

申し訳ありません。


2日目は、前日の探検シートの答え合わせと月探査・開発の現状について説明をするところからはじめました。


「NEO 月で暮らす展」の展示にもあったHAKUTO-Rを事例として取り上げましたが、

月面に探査機を着陸させること自体が難しいという現状に、子ども達もとても驚いていました。


その後はいよいよ、宇宙をイメージしたアート作品づくりに挑戦!

今回はレジンを用いたコースターづくりに取り組みました。






みんなとても集中して取り組んでいました。

こうして完成した作品がこちら!



月面をイメージした作品、銀河をイメージした作品など、

みんなとても素敵な作品ができました。


ご参加いただいた皆様、誠にありがとうございました!

Commentaires


bottom of page