top of page
  • kubota57

【ハルクル2023】おもちゃ美術館へ行って、楽しく遊べるおもちゃを作ろう!

4月3日(月)&4日(火)の2日間は、「おもちゃ美術館へ行って、楽しく遊べるおもちゃを作ろう!」をテーマに開催いたしました:)


1日目はみんなでおもちゃ美術館に遠足です!


今回の遠足の探検シートのミッションは、とってもシンプル。

① 出来る限り多くのおもちゃで遊んで、その中で自分が一番好きなおもちゃを見つける

② そのおもちゃがなぜ好きなのか、好きな理由を考える


2日目のおもちゃ作りで、楽しいおもちゃを作ってもらうために、どうすれば楽しくなるかという視点を持って欲しいと考えました。


おもちゃ美術館に到着してからは、男の子チームと女の子チームの2班に分かれて見学をしました。


おもちゃ大賞2022に選ばれた反射神経を競うゲーム、



ボード式のサッカーゲーム、



昔ながらの伝統おもちゃ、



ごっこ遊びが思う存分楽しめるおもちゃのまちなど、





さまざまな展示が用意されていて、みんなとても楽しむことができました!


おもちゃ美術館でたくさん遊んだにも関わらず、帰りは公園に立ち寄りまさかの鬼ごっこ!みんなとてもアクティブで驚きました!(笑)



教室に到着してからは遠足のまとめ。ミッションについて聞いたところ、男の子はサッカーゲーム、女の子はおもちゃのまちがとても人気でした!


「チームで協力して競う点が楽しかった!」、「木で作られた小道具が、1つ1つの本物みたいでとても可愛かった!」と様々な意見が出ました。みんなおもちゃの楽しくなるポイントをしっかり見つけることができたようです:)


2日目は、1日目の経験を踏まえて、みんなで木を使った工作に挑戦しました。


まずは各自自由に絵を描きます!

電車、サッカー、うさぎなど、思い思いに自分が好きな絵を描いていました:)





その後は木を切り、




釘を打ち、




ボンドで段ボールを貼り、




子ども達にとって容易ではない工程を多数含んでいましたが、みんな集中して取り組んでいました!


こうしてできたのが、色とりどりのコリントゲーム!



落とし穴を作ったり、隠れエリアを用意したり、またチーム戦で楽しむことができるようにしてあったり、様々な工夫が作品に組み込まれていました。


前日の遠足にて学んだ視点が作品に活かされていた点も多くあり、みんな素晴らしい作品を完成させることができました!



ご参加くださった皆様、誠にありがとうございました!

閲覧数:24回0件のコメント

Комментарии


bottom of page